カフェのアルバイトやコーヒーのこと、海外のカフェ事情etc…バリスタのための情報を紹介するブログです

バリスタの生活

プロフィール

 

愛知県名古屋市在住29歳♂ のプロフィール

愛知県出身で調理師学校卒業、愛知の結婚式場にて4年勤務しその後にスターバックスへ。その後、東京、名古屋のコーヒーショップで勤務した経験アリ。2017年夏からオーストラリアにコーヒーと英語の勉強で渡航予定です。

 

 <職歴>

スターバックス ブラックエプロン取得

東京 コーヒー自家焙煎店に勤務

名古屋 スタンド式のコーヒーショップにて勤務

 

<目標>

自分でコーヒーのお店を作る またそれを近所の人に愛されるお店にする

世界一周、色んな人と喋る

たくさんの国で働く

 

バリスタライフの始まりについて

スターバックスで働く、でも初めはコーヒーは好きではなかったです

よくある例にもれず、私が初めにスターバックスで働き始めたときは、正直コーヒーはそんなに好きではなく日に1杯飲むのも珍しいくらいでした。

 

ですが、スターバックスにはパートナードリンクというフリーでドリンクを飲める制度があり、毎日コーヒーをお店で飲むようになりそれが徐々に習慣になっていきました。ご存知の方も多いと思いますが、カフェインには少なからずの中毒性がありますので今思えばその影響もあったのかもしれませんね。

 

そうして毎日コーヒーを休憩中に飲む生活が続き、家でも飲むようになり、スターバックスでのコーヒーマスターの証ブラックエプロンの取得に繋がりました、当時自分のお店ではほかにブラックエプロンを持っている人はおらず、自店での記念すべき1stブラックエプロンになれたことは本当に嬉しかったことを覚えています。

 

東京で衝撃のエスプレッソ体験、コーヒーの認識ががらりと変わりました

その後は東京、渋谷で自家焙煎コーヒーショップに勤務。始めに飲んだエスプレッソは本当に衝撃的で、スターバックスのそれとは全く異なり、濃厚で甘味もあり、余韻が長く続きました。あの鮮烈な体験は、今でもとても印象に残っています。

 

スターバックスでの経験とは全く異なる味や文化を経験した後は、違った角度からのコーヒーの魅力に魅了され、勉強意欲が増していきました。

 

当時の東京はコーヒーショップの出店ラッシュが続いており、毎週のように新しいお店がオープンして色んな味のコーヒーに触れられたことも良い経験です。

 

東京で得たスキルや知識、接客や共に働いていた人から得た刺激が今の自分の考えや行動のベースとして繋がっており、コーヒーに関しては基礎から学ぶことができ、将来自分で出したい理想のエスプレッソのイメージもここでの影響が色濃く残っています。とても濃い時間でした。

 

短期の英語留学、名古屋でコーヒースタンド勤務

その後は一時日本を離れて短期の留学。帰国の際にオーストラリアに立ち寄り、日本とは違ったコーヒー文化を体感し帰国。異文化でのコーヒーカルチャーに衝撃を受けました。そして、地元の名古屋に戻りコーヒーショップにて仕事をスタート。

 

スタンド形式のお店でお客さんとの距離感の近さに楽しみを感じ、コーヒーはもちろん、地域のコミュニティとしての店舗にも魅力を感じながら働いていました。

 

コーヒースタンドにカフェのような席はないものの、お客さんとの距離も近く、自分が学んできた基礎をベースにした味やスタイルで働くことができコーヒーショップで働く楽しみを再認識した時期でした。

 

今後のライフプラン

 今まで独学で英語の勉強をしてきており、2か月だけですが留学も経験しました。そこで現在、さらなる文化や語学の勉強のために海外での生活に進む準備中です。外国の人とのコミュニケーションも大好きなので、コーヒーを挟んでのつながりを生み出していくことを目標に多文化の中で自分の成長に繋げていきたいと思っています。

 

また、本好きで家にはつねに読みたい本が数冊溜まっている状況が常です、本を読むにはカフェか自宅が一番!というのも関係してカフェに行くことが趣味でもあります。渡航前の資金作りと趣味との兼ね合いで現在は本屋でも働いています。

 

将来は今現在学んでいることを生かし、自家焙煎のコーヒーショップを出すこととそこからコミュニティを生み出すこと、世界一周もしてみたいと思っています!!

投稿日:

Copyright© バリスタの生活 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.