カフェのアルバイトやコーヒーのこと、海外のカフェ事情etc…バリスタのための情報を紹介するブログです

バリスタの生活

履歴書

カフェバイト

カフェの面接に採用されるには?採用される志望動機の書き方を教えます!

投稿日:

「カフェのアルバイトに興味があるし憧れのお店で働いてみたい」

 

カフェや喫茶のお店ってたくさんあるし行くことも多いですが、実際に自分で働いてみたいと思うお店となるとなかなかないものですよね。しかも、いざ見つかってもそこで働くには面接を受けて合格しなければいけません

 

ですが、せっかく働くなら妥協せずに自分の働きたいところで働きたいですよね。今回は、面接時に一番重要な要素の一つである志望動機について書いていきます。熱意とやる気をアピールして憧れのお店で働きましょう!

 

意識するのは自分の印象、面接する人を納得させる文章を

志望動機は、履歴書のなかで唯一自分のアピールポイントを書くことのできるスペースです。

 

たくさん書いて自分をアピールしたい、自分を売り込んで採用をしてもらいたいと思いますよね。ですが、まず意識するのはお店にとってのプラスになることを意識すること。あとは自分の印象と一致する印象を与える文章にすることです。

 

たとえば、「自分は時間をしっかり守ります」と書いている人が面接に遅れてきたり、「やる気があります」という人の元気が極端になかったらどうでしょうか。

 

良い印象を与えたいと思うのは当然のことですが、履歴書に書いてあることと自分の与える印象が一致していることも重要です。面接する人に納得してもらえるような文を意識して書いてみましょう。

 

カフェでの採用に繋がりやすいアピールポイントとは?

 カフェでの採用に繋がりやすいのは飲食店での経験でしょう。経験があればお店側からしても教えることが少なくすみ教えやすいので大きなアピールポイントになります。もしくは、アパレルなどの接客業での経験も強いポイント。カフェでの接客は、仕事のなかでの割合も高く、ほかの職業とはいえ接客を経験しているのは重要です。

 

ですが、未経験でも募集が多く、人気の高いカフェアルバイト。カフェに応募する人のなかには、初めてアルバイトに応募する人も多いでしょう。

 

そんな人は、性格が明るく人見知りをしないとか、趣味が料理やコーヒーといったアピールがあカフェの面接れば強みになります。もしなければ今までの自分の体験を書きましょう。今まで行ったカフェや、喫茶店で体験したエピソードを簡単にまとめて書き、それを自分の志望動機に繋げていく方法です。働きたいお店での体験があればもちろんそれを書きましょう。

 

あまり書かない方が良いことは?お金のことや通いやすさはなるべく控えましょう

 反対に志望動機に書かない方が良いこともあります。例えば学校が近くて通いやすい、お金を貯めたくて働きたいといったことはあまり書かない方がいいかもしれません。

 

学校が近いのはお店側にしてみればあまり関係ありませんし、カフェでの時給は一般的に高時給であることは少ないです。オープニングで期間を限っての時給が高いお店もありますが、一時的なものですし、お店側からすればより他のやる気がある人を採用したいと思うでしょう。お金や通勤時間のことを書くようであれば、あくまで一応伝えるだけで、動機のメインの理由として使うのは避けたほうが良いです。

 

やる気の伝わる文章の書き方とは?志望動機の例文集

ここまでのことを踏まえても、実際に自分のことを書くのは難しいですよね。志望動機は、「やる気と働きたいと思った動機」、あとは「お店側に自分が働いたら貢献できること」を意識するのがポイントです。

 

例:経験者の場合

『私がこのお店で働いてみたいと思ったきっかけは、スタッフ皆さんの接客の姿勢に感動したからです。何度か友達と来たことがあるのですが、いつも皆さんの気遣いが素晴らしく、自分もこのお店で学ばせていただきたいと思いました。以前働いていた飲食店での経験を生かしてお店やお客様に貢献できればと思い応募させていただきました』

 

この例文では、お店での体験をメインの理由として、さらに学ぶ姿勢を書くことでやる気をアピールしています。最後に経験を書くことでお店への貢献も伝えることができています。

 

また、もし自分がカフェや飲食未経験であれば、こういった志望動機の書き方もあります。

 

例:未経験者の志望動機

『私はアルバイトが初めてですが、料理が美味しく雰囲気も大好きなこちらのお店で働かせていただければと思い応募いたしました。経験はありませんが、話すことが大好きで、接客を通してたくさんのお客様に楽しい時間を過ごしてもらうことができればと思っています。接客はもちろん料理にも興味がありたくさんのことを経験したいです』

 

自分が未経験であることを逆にアピールし、今からたくさんのことを吸収し接客で自分が生かせることをアピールしています。また、接客以外にもやる気があり様々なことをしたいと書くことで、やる気のアピールにもなっている文章ですね。

 

やる気や熱意を伝えるには?姿勢や伝え方にも気を遣いましょう

 志望動機をちゃんと考えて文章にするのはとても大事なことです。ですが、文章だけでは伝わりません

 

いくら文章に気を遣っても、面接では実際に話しながら話をすることになるでしょう。その時の伝え方や姿勢も重要なポイント。書いた文章をベースにして、自分の言葉で伝えるイメージトレーニングをしていくと良いですね。志望動機は自分の言葉で伝えることを前提にして書きましょう。

 

 

志望する動機は大きな採用のポイント、自分を売り込もう。

カフェでのアルバイト面接では、志望動機は自分をアピールするとても重要なものです。自分のウリはなんなのか、どうしてこのカフェで働きたいのかをしっかりイメージしましょう。

 

お店側もやる気のある人に働いてほしいと思いますが、履歴書に書けることは限られています。今回の記事を参考にして、自分のやる気がよりよく伝わる文章を意識して書いてみてください。きっとあなたの働いてみたいカフェで働くことができるはずですよ。

-カフェバイト
-,

Copyright© バリスタの生活 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.